シングルファザーがもらえる手当


シングルファザーの再婚を最速で決める 家やマンションの値段と高く売れる業者をすぐ調べられます 今の借金を少なくする|過去の借金の過払い金を取り戻す

母子家庭、父子家庭で貰える手当てには様々なものがあります。

まず児童手当は、0歳児以上中学卒業までの児童が対象となる手当です。受給額は三歳児未満が月額1万円、3歳以上は第一子、第二子が月額5千円、第三子以降は月額1万円です。

また児童扶養手当というものも地方自治体から支給されます。これは1人親家庭の児童のために支給されるもので、所得に応じて支給額停止額から決定されることになります。通常児童が1名ならば月額42330円、2名ならば52330円、3名なら58330円となります。

児童育成手当ては、18歳までの児童を扶養するシングルファザーがもらえる手当てで、児童1人につき13500円が支給されることになりますが、当然所得制限があります。また父子家庭の住宅手当もあります。20歳未満の児童を養育している父子家庭の世帯主で月額1万円を超える家賃を払っている方などを対象に助成制度が設けられています。こちらは各自治体で支給条件が決められていますから、住んでいる地域の自治体に確認してみるのがお勧めということになります。さらに、1人親家族等医療費助成制度というものも設定されていますので、すべてをカバーするためには自治体にコンタクトするのが確実となります。



シングルファザーの再婚を最速で決める 家やマンションの値段と高く売れる業者をすぐ調べられます 今の借金を少なくする|過去の借金の過払い金を取り戻す